英真 レター広告 研究所

広告は大切な人へのお手紙のように親しみを込めて書こう

どうも!
英真 レター広告 研究所の、かしわばら英和(ヒデカズ)です。
以前は、「ひでか〜ず!」としてアート活動をしていました。

かしわばら 英 和

●かしわばら 英和

●1975年2月21日生 広島県広島市出身 男 AB型 魚座 東広島市在住

●スキル:
セールスコピー/筆もじ/デジタルデザイン/HPデザイン/キャラクターデザイン/イラスト/動画制作/動画編集

●出身校:
広島市立温品小学校(1987年卒)
広島市立温品中学校(1990年卒)
広島県瀬戸内高等学校(1993年卒)
穴吹デザイン専門学校(1995年卒)(3期生)

●職歴:
1995年 ゲーム会社にデザイナーとして入社。
    家庭用ゲームのグラフィック制作に携わる。
    主にゲーム中のローポリゴン3Dによるマップデザインを担当。
    他、キャラクターモデリング、アニメーション、イラスト、
    3DCGムービー制作、編集業務などグラフィック全般を経験。

2004年 会社が分社独立
    ケータイ電話のゲーム販売部署に配属。
    業務は、販促物制作になり、ホームページ、ゲームグラフィック、広告、
    動画編集、ゲームPV制作、イラスト、東京ゲームショウブースデザイン、
    きせかえデザインなど、社内のデザイン業務を担当。

2016年 4月 英真 レター広告 研究所 創業
    「レター広告」というコンセプト(大切な人へお手紙を書く時のように、真心と
    思いやりをもって書く)で、お手紙のような広告を制作する。
    また、これまでのインハウスデザイナー歴20年のスキルを活用して、
    デザイン業務も受注。

2016年 7月 ECサイト運営会社にデザイナーとして入社
    縁あって独立後すぐにインハウスデザイナーとして就職
    現在に至る

●アート活動
2002年 グループ展「1回目の楽な展覧会」(gallery 21)
2003年 グループ展「2回目の楽な展覧会」(ギャラリーてんぐスクエア)
2004年 グループ展「濁展」に参加(ギャラリーてんぐスクエア)
グループ展「バク展」に参加(的場町のギャラリースペース)
グループ展「3回目の楽な展覧会」(ギャラリーてんぐスクエア)
2005年 グループ展「ザ☆イラスターVol.1」に参加(ガレリア・レイノ)
グループ展「4回目の楽な展覧会」(ギャラリーてんぐスクエア)
個展「30.ひでか~ず展~らくにいきたい~」(ギャラリーてんぐスクエア)

●趣味、特技、好きなこと
これまで、釣りや沢登り、山登りなどのアウトドアや油絵、陶芸、ドライブなど多彩な趣味を楽しんできました。
そういった感性を生かして、キャラクターを描くのが好きなので、LINEスタンプを趣味として作ったり、筆もじのTシャツをネットで販売して楽しんでます。

●PR
僕は、子供の頃から絵を描くのが好きで、水木しげるさんや鳥山明さん、芦田豊雄さん、矢口高雄さん、ビックリマンシールなどの絵をよくマネて描いていました。
それで、絵を描くことに関わる仕事がしたいと考え、穴吹デザイン専門学校に入学しました。これが大正解。それまで漫画絵ばかり描いていましたが、リアルイラストや広告やロゴのデザインなど、絵やデザインの基礎を学び、とても大きくスキルUPしました。
ゲームも大好きだったので、いつしかゲームのグラフィックを描く仕事につきたいと思うようになり、縁あってゲーム会社にお世話になることになりました。

そこでは、ファミリー向けゲーム制作に携わることになり、ドット絵、3DCG、などゲーム内のグラフィック全般に、ゲームのパッケージイラスト、動画制作、編集など、ゲーム開発に必要なグラフィック業務を次々と担当させて頂き、メキメキとスキルをUPして行きました。
中でも、3DCGは、凝りに凝って楽しみながらできた得意分野でした。(残業が多すぎると怒られましたが・・・)後に、会社がファミリー向けゲーム開発から撤退することになり、残念なことに3DCGから離れてケータイゲームの販促物デザイン業務に携わることになりました。

そこでは、HP制作、ゲームのPV、ゲームの広告、チラシ、ポスター、東京ゲームショウのブースデザイン、バナー制作、きせかえデザインなどの多岐にわたり、更にスキルを広げていくことになりました。

デザイン業務をこなす日々を過ごしている間に、これまで行って来たデザインという仕事に違和感を感じ始めました。

デザインとは、「人の気持ちを高めるもの」だと考えました。

かわいい、かっこいい、怖い、スタイリッシュ、気持ちいい、気持ちわるい、洗練された、おもしろい。
それぞれのコンテンツに求められるイメージを表現して、共感を得られることが重要です。

綺麗じゃなければデザインじゃない。
見やすくて操作しやすいだけがデザインじゃない。
装飾することがデザインじゃない。

デザインという情報によって、
「人の共感と気持ちの高まりに、どれだけ影響することができるか。」
それがとても重要な要素だと思います。

その影響の邪魔をするものを排除することもデザインです。
だから、デザインというよりも、コンテンツによって求められる「結果」から考えることが重要だと思います。

ただ、デザインするだけじゃだめだと気付き、生まれたコンセプトが「レター広告」です。

大切な人へお手紙を書く時のように、真心と思いやりを持って広告を書く。

僕は、妻と2人暮らしですが、一緒に住んでいながらお互いにお手紙を書いてます。
例えば、1年の終わりには、この1年の感謝の気持ちと、これからもよろしくお願いしますという、素直な気持ちを書きます。
言葉にはできないけど、お手紙になら書ける気持ちがあります。
相手への気持ち、自分の気持ちを考えてみることで、思いもよらない感情に気付かされることも多くあります。
そうすると、普段の気持ちが変わり、妻への接し方が変わります。
接し方が変われば、妻の気持ちにも変化が現れます。
お手紙には、そんな魔法の力があるんです。

そんな想いを「レター広告」のコンセプトに込めて、本気で仕事をしている小さな会社の社長さんの助けになりたいと考えています。
僕たちは、大切な人へ書くお手紙「レター広告」を使って、カッコイイだけじゃない広告を社長さんに知ってもらたいと思っています。
そうして、商売をよりドラマチックでエキサイティングに、楽しくしていきましょう!

そんな想いで、このホームページは作られています。
どうぞ、よろしくお願い致します。

かしわばら 英和