英真 レター広告 研究所

広告は大切な人へのお手紙のように親しみを込めて書こう

売れる広告の作り方:お客様に気づいてもらうには?

売れる広告の作り方:お客様に気づいてもらうには?

現代広告の心理技術101
レター広告クリエイターの かしわばら 英和です。

\プレミアムフライデー/してますか?

先日、プレミアムフライデーを経験しました。
あまり耳に入ってこなかったので、盛り上がりに欠けているのかなぁと思っていました。

この前は、スーパーで焼き芋をゲット!
いつもは、1つ198円の高級おやつが
なんと128円か98円か、 忘れましたが
とにかくプレミアムフライデーのロゴ付きで
安くなってました。

普段、焼き芋が安くなることが滅多にないのに!
(いつもチェックしているのでわかります)

┃売れる広告の作り方:お客様に気づいてもらうには?

今回は、「下取りサービスが月末まで」っということだったので
スーツを買いに行きました。
するとなんと、「今日は下取りサービスを利用しないほうがいい」と言われてしまいました。

せっかく期限ギリギリで焦ってわざわざ来たのになんで!?
っと思ったら。

「今日はプレミアムフライデーで、
夕方から閉店までの間、スーツが半額なんです。
しかも、普段値引きをしない、こちらのブランドも半額で買えるんです。
しかも下取りサービスは、いつでもしてます。」

っと来たもんだ!
プレミアムフライデーとは気が付かなかった!
「下取りサービスを利用するより半額の方が断然お得に買えます!」
ということだったので、今回は安めのスーツを買おうと思っていたのに
安めのスーツの金額で、2ランクぐらい上のスーツが買えちゃいました。
プレミアムフライデーが好きになった瞬間でした。

スーツにも生地にランクがあるようで
ランクが上の方が長持ちするらしいです。
プレミアムフライデーをまったく意識してなかったので、
思わぬサプライズでテンション上がりました!

さらに、内緒だよって感じに鼻ジワを寄せて
ニヤリとした感じで、少し小声で・・・
コートも特別に半額で行けます!さっき店長にOKもらいました!
と言ってきました。

マジで!?それはプレミアムですね!
っと思わず買いそうになりましたが、妻のストップが入りました^_^;

┃広告メルマガは眼中にない

聞くと、「メルマガ行ってませんでした?」と言うので
ケータイのメールをよく見てみると、ありました。
「プレミアムフライデーセール」というメルマガが、そのスーツ屋さんから来てました。

普段、そのスーツ屋さんからよくメルマガが来ているんですが、
いつもセールとかの買って買って!って売り込みの広告メルマガだったので、まったく開かずに無視してたんですよね。

だから、そこからのメルマガは、今回のような特別なお知らせでも
まったく見向きもしないで無視していました。

気付かれずに集客できないプレミアムフライデーセールなんて、意味ないですよね。

では、なぜ僕は勘違いにしても「下取りサービスが月末まで」というキャンペーンを知っていたんでしょうか?
それは、そのスーツ屋さんからメルマガではない特別なお知らせが来たからです。

なんだと思いますか?

┃DMです。

ポストに届いた、たった1枚のハガキです。

そこに「下取りサービス」が書かれていました。
買い替えの多い春だから下取りを強調したDMを送ったんですね。

これは、とても効果的で重要なテクニックです!
メルマガは、お客様とよっぽどの関係性が築かれていないと
毎回読まれるなんてことはありません。
だから広告ばかりのメルマガは、ほとんど読まれてないと思っておいたほうがいいです。
読まれたとしても、サササーっと超流し見です。

┃メルマガよりDMの方が見られやすい

本当にお客様に知ってほしい重要な情報は、
お客様に直接届くハガキなどのDMを送った方が効果100倍です!
まったく見られないメールより
一瞬でも手にとって目に触れるDMの方が
お客様に気づいてもらいやすいのは明らかです。

お客様に行動して欲しかったらDMでお知らせするのが、より効果的!
これは忘れちゃいけない選択肢です。

あなたも、お店のキャンペーンに限らず、自分が興味を持った情報が、どこでどの様な手法と内容で届けられたか、考えてみるといいと思います。

あなたが伝えたいことを、相手に伝えるいい方法をきっと思いつきますよ。

この記事からも、いくつかヒントを得られるかもしれないので、もう一度そういう目で読み返して見てください。

それでは、また!

英真 レター広告 研究所 かしわばら 英和

※当然ですが、ここでの情報やアドバイスを参考に下した決断は、すべて読者の責任において行ってください。このブログで提供している、役立つ情報・アドバイスによって起きた問題に関して、当方やライターへの責任義務は一切発生しません。
現代広告の心理技術101

感想・ご意見などお気軽に書き込んでください。

*
*
* (公開されません)